IKEA製品でDIY&HACK

LACKを組み立てる際に気をつけるポイント

 

 

LACK HACKをしようと思ったキッカケ

うちの事務所はとても寒いです。とにかく社の方向性として清潔第一となっていますので、カーペットも最低限しか敷いてませんし、モノもほとんど置いていないので見た目的にも寒々しいのです。

そんな環境は、猫ちゃんにとってもあまり快適とはいえないのではないかと考え、ちょっとしたコタツをDIYしようと思い到りました。

 

LACKといえば、サイドテーブル、コーヒーテーブルとしての用途が基本なのですが、海外では様々なHACKが行われております。

海外のHACK事例

lack hack

シンプルでスクエアな形状は多くの人達のDIY心をくすぐるようで、まさにIKEA HACKの第一歩として申し分ない素材なのかもしれませんね。

ということで私もLACK HACKにチャレンジ!

 

LACKを組み立てる際に気をつけるポイント

そもそもLACKはものすごくシンプルで組み立て自体も簡単です。

LACK組み立て01

まずはフラットパックの状態。

で、開梱状態を撮影していないのですが、天板一枚、脚4本、ネジ4本というシンプルな構成です。

実際に組み立てようと思ったところ、このネジが曲者でヘッド部分が存在していません。

両端がネジになっているのです。

まずはラジオペンチを使って回していきます。

LACK組み立て02

鉄くずが分かるでしょうか。かなり難しい・・・

LACK組み立て03

ここまでねじ込むのに握力かなり使います。これをあと3回か・・・

・・・何かが間違ってるんだろうな、とやっと気づきます。

 

そこで、ちょくせつ脚を挿して回してみます。

 

!!

LACK組み立て04

まるでドライバーのように回せるではありませんか。

 

とういことで、LACK組み立ての注意事項はただひとつ。

「両頭ネジを回すにはLACKの脚を使って回す」

これだけわかれば誰でも組み立てられます。

 

 

LACKをペット用コタツに改造

猫用のコタツが存在してるのご存知でしょうか?

こういうのが実在します。

猫用炬燵

とっても欲しくなったんですが、インテリアとして考えると、どうしても浮いてしまうのが気になります。

そこで自作ということになりました。

当初は普通のコタツにしてしまおうかと考えていましたが、猫用や犬用としてはちょっと熱すぎる気がします。

コタツヒーター

↑4千円~5千円程度

そこで使っていなかった消費電力の低い電気あんかを天板にはりつけることにしました。

電気あんか

↑千円程度で購入可能

これを両面テープでLACKに貼り付けます。

LACK組み立て04

LACK組み立て05

LACK組み立て06

できました。もしテープがはずれるようなら、他の方法を考えようと思って安易に取り付けましたが、すでに2ヶ月経過。問題ないようです。

最後に薄いひざ掛けをかぶせて完成です。

LACK組み立て07

 

中はこのようになっています。手を入れるとちょうど良い暖かさ。もちろん人間でも入ることができます。その場合はやはりコタツ用ヒーターの取り付けと出来ればガラス天板などを用意したほうがいいかもしれませんね。サイズ縦横55cmのミニ炬燵は一人暮らしの部屋にもちょうど良いサイズに思えます。

LACK組み立て08

コタツ布団が時期的にすでに売っていなかったので、この冬は間に合わせ的なものになってしまいましたが、次の冬にはもっとしっかりと作りこんであげようと思っています。

ペット用コタツにお洒落なLACKコタツおすすめです。

LACK / ラック シリーズを見る

ブログランキング参加中:にほんブログ村 DIY | 人気ブログランキングへ

タグ:, ,

ページトップへ